山下智香(勤続年数2年2ヶ月)

 

yamashita01

19歳と小学5年生の子を持つお母さん。趣味はドライブで、車の運転にはちょっと自信あり。休日はお子さんと一緒にショッピングや外食に出かけるのが楽しみ。

国土第一警備保障は女性でも働きやすい環境が整っていますので、家庭と両立しながらしっかり稼ぎたいなら、ぴったりな仕事だと思います。

・警備士の仕事についたきっかけは?

山下:すぐに仕事を見つけたかったのですが、年齢的にも厳しかったため、年齢、性別、経験不問の警備士に応募しました。最初は女性の私にできる仕事なのか不安でいっぱいでしたが、やってみると意外に楽しくてやりがいも多い仕事です。

・女性ならではの感想は?

山下:女性警備士は珍しい存在なのか、一般ドライバーさんからの風当りがやわらかい気がします。郡部では、毎年道路拡張工事のため通行制限を行う道路も多く、周辺住民の方たちの中には嫌気がさしている方も多いと思います。そんな時でも、こちらの誘導に快く従ってくださる方がほとんどで、逆に女性だからこそ助かっていることの方が多いのかもしれません。

yamashita02

・仕事の楽しさ、やりがいは?

山下:頻繁に通う現場では、近隣住民の方ともすっかり顔見知りになり、たびたび声をかけていただきます。「今日も暑いき大変やねえ」「お疲れ様、頑張りよ」など、ちょっとした会話ですが、そういうことがとても励みになります。
また、これまでいろんな仕事をしてきましたが、国土第一警備保障は圧倒的にお給料がいい。性別や年齢に関係なく、実働や能力に応じてお給料をいただけるのは、やりがいにつながります。

・警備士を仕事に、と考える女性にメッセージを

山下:野外での仕事なので、体力的には多少キツい内容ではありますが、先輩方が丁寧に指導してくれますし、慣れれば女性でも問題なくできる仕事です。また、女性には不都合な現場への配置をできるだけ避けるなど配慮してくれるので、これまで危ない思いをしたことはありません。子供のいる方は、日曜や学校行事の際には優先的に休みを取らせてもらえたりと、融通がきくのもありがたいところです。出勤時間は朝早くからが多いのですが、反対に帰宅は夕方5~6時がほとんど。家庭と両立しながら、しっかり稼ぎたい人にはぴったりの仕事だと思います。ぜひ、もっと女性にも挑戦してもらいたいです!

 

取材・文/森 絵理子
(2016年10月取材)
※所属、業務内容、経験年数は取材時(2016年10月)時点の内容となります。