崩れやすい天気が続きます。

 

はっきりしない天気が続きますね。梅雨明けは7月中旬あたりの予想となっています。

湿度や気温の高い日が続くと、エアコンを使用する頻度も多くなります。

熱中症対策の一つとして冷房を使用するのがベストですが、弊害として冷房病の恐れもあります。

冷房病は自律神経の乱れにより、冷え・だるさ・食欲不振・頭痛など非常に多岐にわたる症状が出るのが特徴です。

自律神経の乱れる気温差は、室外と室内の温度差が5度くらいといわれています。

夏場、なぜか体調が悪いと感じる場合、自律神経の乱れが原因であることがありますので、エアコンの設定温度の見直しや

扇風機やサーキュレーターを併用し風の通り道を作り体感温度を下げる工夫も重要です。

PREV:
梅雨入り